現実世界でも多い盗聴器の問題|発見してもらって取り外してもらう

知らぬ間に聞かれている

虫眼鏡

プライバシー保護のため

盗聴といえば、ドラマや映画などのフィクションの世界で使用されるアイテムのように思われがちですが、意外と身近なところで行われていることも実際にはあります。盗聴器を仕掛ける犯人の目的はストーカーや浮気、金銭関連などさまざまですが、基本的にターゲットに気付かれないように仕掛け、そのままターゲットの様子を探る際に利用します。もっともそんな盗聴器も、仕掛けられた場合は発見する方法もあります。探偵などに依頼して本格的に盗聴器を探してもらうという方法もありますが、FMラジオや盗聴器発見器、スペクトラムアナライザなどを使用すれば、自力でも発見することが可能です。ただし盗聴器にもいろいろ種類があるため、中にはこういった自力での発見が難しいタイプもあるので、心配な場合は専門業者に依頼した方が良いでしょう。

依頼する場合

自力での盗聴器発見が難しい場合、専門業者へ依頼すれば専用のアイテムを駆使し、難しいタイプの盗聴器でも発見してくれます。そういったおもな業者としては探偵業者が有名ですが、他にも警備会社や電機関連業者などでも対応してくれることもあります。また素人が盗聴器を発見すると、思わず声を出して発見したことを言葉にしてしまうリスクもあります。もし犯人にターゲットが盗聴器を発見したこが分かった場合、逃亡したり証拠隠滅などを実施する可能性があるため、基本的には犯人にはわからないよう、取り外す必要があります。さらに取り外す際には国家資格が必要となるため、下手に触ると大変です。よって自力で見つけた時はそのままの状態にして、警察もしくは探偵などの専門業者に連絡し、取り外してもらいます。それゆえに最初からプロに依頼すれば確実性もありますし、安心かつ安全でもあるために、プロに依頼する件数も増加傾向にあります。

女性

認知症の家族を守る

家族が認知症になり徘徊が始まると、心が休まる時間がなくなります。徘徊して危険な目にあうのを防ぐために認知症の家族にgps発信機を持たせる人も増えてきました。居場所がすぐにわかるので、人込みの中にいても見つけることができます。

スマホ

誘拐や徘徊防止になる

お子さんの誘拐や高齢者の徘徊など、何らかの危険を回避するためにも、gpsによる追跡を行うことがあります。見守るために利用するには最適な方法です。対象者に不快な気持ちを与えないように、見守る時間帯を決めて利用しましょう。

スーツの婦人

調査を依頼しましょう

盗聴器は非常に小型化されていて、自宅に知らない間に設置されていても気が付かない方が多くいます。もしも日常生活で盗聴されているような不安を感じたのであれば、すぐに盗聴器調査の専門業者に依頼して不安を取り除きましょう。