現実世界でも多い盗聴器の問題|発見してもらって取り外してもらう

  1. ホーム
  2. 認知症の家族を守る

認知症の家族を守る

女性

すぐに発見できるので安心

認知症になる高齢者は年々増えています。そればかりではなく40代、50代で若年性認知症を発症する人の数も増えています。認知症の介護は大変ですが、中でも徘徊が始まると家族は心が休まる時がありません。いつの間にか家を出ていってしまい、暗くなっても帰ってこない場合があります。幼い頃に住んでいた場所に行こうとしたり、以前勤めていた会社に向かおうとして遠くに行ってしまうことも少なくありません。こういった事を防ぐために認知症の家族にgps発信機を持たせる人も増えています。gpsがあれば沢山の人がいる駅や商業施設に行ってしまった場合でも、簡単に居場所がわかり家に連れ帰ることができます。あちこち苦労して探し回る必要がなくなります。

高性能のものが良い

gps発信機には色々な種類のものがありますが、徘徊予防に持たせるには軽量で居場所を特定する精度が高い物が良いでしょう。精度が低いgps発信機の場合おおよその居場所しかわからないため、探すのに時間がかかります。探している間に移動してしまう場合もあります。精度の高いgps発信機場合には、居場所がはっきりわかる為すぐに見つけることができます。高性能のgps発信機は値段も高いのですが、レンタルを利用することも可能です。長期利用する場合にはレンタル費用も安くなります。徘徊している時に早く発見したり思わぬ事故にあうのを防ぐためにはgps発信機を持たせるだけではなく、普段から近所の人に声掛けをして徘徊していないか気をつけてもらうことも大切です。