現実世界でも多い盗聴器の問題|発見してもらって取り外してもらう

  1. ホーム
  2. 誘拐や徘徊防止になる

誘拐や徘徊防止になる

スマホ

行動を監視できる

お子さんが塾や習い事に一人で通う時など、gps機能のついた携帯電話を持たせる親御さんが多くなっています。こうすることで、行動を追跡できるからです。誘拐防止に役立ちます。もちろん、お子さんだけではなく、徘徊の多い高齢者に持たせることも可能です。これによって、徘徊していてもすぐに居場所を見つけることができます。このように、危険から回避するための目的で、gpsによる行動追跡をする人が増えてきています。いつどんな時に危険にさらされるか分かりません。対象となる相手の行動が気になる時には活用してみましょう。ただし、浮気防止などで利用する人も居ます。この場合、対象者がgpsの追跡機能をoffにしていると追跡できません。

見守りで利用する

常に誰かに行動を監視されていると、監視されている側としては気持ちのいいものではありません。gps機能を使って行動を追跡するのなら、対象者と監視側とできちんと取り決めをしておきましょう。そうすれば、お互いに嫌な思いをすることもありません。例えば、通学や通勤の間、事故に遭ったり、誘拐されたりといった不安があるのなら、その時間帯だけgpsの追跡をするなど、時間を決めておくと安心です。つまり、行動を監視するというのではなく、行動を見守るという意味で利用することになるわけです。高齢者が一人で病院へ行くという時などにも、病院に着くまでの間、見守りるという意味でgpsによる追跡を行いましょう。このようにすれば、途中でトラブルがあってもすぐに対応できます。